名義変更手続きも必要になる

遺産相続を行うときには、誰がどれだけ遺産を相続するのかを決めて、後は相続税を支払うための手続きを行えば終了と思っている人も多いでしょう。しかし、遺産相続というのは面倒な手続きがたくさん存在しているのです。相続税申告書を作成して提出することは当然なのですが、他にも遺産相続をしたことで名義変更が必要になります。しかも名義変更は1つだけとは限らず、受け継いだ遺産の大半は必要になります。

例えば土地を受け継いだ場合や、建物を受け継いだ場合には、不動産の名義変更を行う必要があるのですが、名義変更をするにはやはり面倒な手続きが必要になります。そのため、名義変更も税理士に依頼するという人が多くなっているのです。もちろん不動産を受け継いでいなければ、名義変更をする必要もありません。不動産以外にも、銀行口座があれば名義変更を行う必要があります。もちろん自分で行うことも可能ですが、普通に銀行へ行って手続きをするだけというわけではありません。

銀行口座を作成する場合や解約する場合と違い、必要になる書類もいくつかあります。このように名義変更というのはかなり面倒な作業ですし、受け継いだ遺産の数が多ければ多いほど手続きが面倒になるのです。そのため、税理士は相続税の計算や申告書の作成だけではなく、名義変更手続きの代行も行っています。もちろん料金が必要になってしまうのですが、料金は依頼する税理士によって変わってきます。

相続税の場合には、税理士によって支払う税金が変わってしまう可能性が高いので、きちんと情報収集をして、信頼できるだけではなく、遺産相続に詳しい税理士に依頼する必要があります。しかし、名義変更は税理士によって結果が変わってくるということはないので、とにかく信頼できる税理士であれば誰でも問題ありません。重要なのはできるだけ安い料金で引き受けてくれて、個人情報の保護などをきちんと行えるような信頼できる税理士を探すことが重要です。

相続税申告専門の税理士を探し方

相続に強い税理士

遺産相続はわからないことがたくさんあるので、まずはどのようにして進めていくのかを確認しないといけません。でも、どこに相談するのかわからないという人も多いでしょう。通常は弁護士に相談する人が多いでしょうが、弁護士はあくまでトラブルが発生したときの補佐を行うので、税理士に相談するのをおすすめします。
税理士は相続税に関係することのみであって、他のことは対応してくれないのではと考えている人もいると思いますが、税理士によっては遺産相続全般の相談を行ってくれる場合もあるのです。まずは遺産相続に詳しくて、信頼できる税理士を探さなければいけません。
もちろん相続税などの支払いや、各種手続きについてもしっかりと相談できるのですが、相続のことでトラブルになったときには弁護士に相談しましょう。税理士選びでスムーズな遺産相続ができるかどうか決まってしまうと言っても過言ではありませんし、相続税の金額も税理士によって変わってくるので、きちんと情報収集しないといけません。

報酬の少ない税理士を選ぶのは危険

遺産相続をする際には相続税などの税金支払いが発生するので、税理士に依頼することも多いでしょうが、税理士を選ぶときに、報酬として支払う金額の少ない人に依頼していないでしょうか。報酬は税理士によって変わってくるのですが、少しでも報酬の安い税理士に頼むという方法は危険なのです。

なぜ報酬の少ない税理士を選ぶのが危険なのでしょうか。このようなときには品物に置き換えて考えてみるとわかりやすいでしょうが、良質で安全な国産品と、品質が悪くて安全面も不安な輸入品があったとします。このような場面になったとき、どちらを選ぶのが無難でしょうか。

普通は値段が高くても良質で安全な国産品を選ぶ人が多いでしょう。税理士も同じで、知識があって信頼できる人を選ぶ方が、支払う報酬自体は高くなっても、税金を納める金額が安くなる場合もあるのです。税理士も当然高い報酬が欲しいと考えるのですが、知識が伴っていなければ、高い報酬を取ってしまうと依頼が来なくなるので、安く設定することが多いのはいうまでもありません。

全国の相続に強い税理士を特集したポータルサイトがあるので、参考にしてみるのもよいでしょう!

遺産相続税対策・申告・無料相談|税理士相談カフェ

最近はマイナンバーがアツい

また昨今マイナンバー制度というのができました。何が変わったのかいまだに実感がわかない人も多いのではないかと思います。国民総背番号制、超監視社会などNHKのクローズアップ現代が好みそうなフレーズとともにさっそうと社会に現れましたが、その後どうなったのかよくわからないという人も多数いますよね

そういう時に便利なのが税理士さんが開いているマイナンバー講座です。意外と多いので近くの税理士事務所で聞いてみても面白いかなと思います。マイナンバーによって、特にみなさんが心配している、お金隠し系のバレですね。もちろん隠してはいけないんですが、税理士さんからの耳寄りの情報でマイナンバー世代以降の「第3の節約」情報を聞くことができますので、心配している方は行っても面白いと思いますよ

正しい遺言状作成を行おう

遺産相続に関するトラブルや体験談がテレビなどのメディアで特集されることが多くなっており、少し身近なものとして感じるようになっているかもしれません。自分とはあまり関係ないと思っていると、いざ親が亡くなった時にどのように遺産相続の手続きを勧めたらよいのかちんぷんかんぷんで戸惑ってしまうことがあるでしょう。最近では生前に遺言書を作成しておく人も多く、遺産相続が簡単に行える思いがちですが、仲には遺言状の内容が分かりづらいため結局は遺産相続で苦労をするケースもあるのです。遺言状の内容がわかりにくい場合は、相続人だけで対処をするのは困難ですので、弁護士や税理士の先生に入ってもらい手続きを行わなければなりません。遺言状を作成するのであれば、きちんと作成方法を理解した上で作成をしなければ結局はうやむやになってしまい、後に残された人は苦労をしてしまうでしょう。借金などがある場合にはその借入分を肩代わりしなければなりませんので生前に親に確認をした方がよいでしょう。

遺言書作成のメリット

遺言書を作成しておけば、自分が亡くなった後に子供たちが遺産相続を巡って争いを起こさなくなりますし、面倒な手続きを省略することにもつながりますので、生前に遺言書を作成する人が増えていると言われています。では遺言書を作成するとどのようなメリットが考えられるでしょうか?まず大きなメリットとして肉親以外に遺産を相続させることができます。遺言書が存在しない場合、遺産相続ができるのは特定の場合を除くと排風者や子供だけであり、血のつながった親族のみになります。しかし親族以外にもお世話になった人や内縁関係だった妻や夫に遺産を残したいという場合は遺言書を作成しておかなければなりません。遺言を買いておけば財産を相続させることができるのです。また配偶者だけではなく、孫や兄弟にも財産を分配することができます。子供や配偶者がいる場合、孫や兄弟には財産を相続する権利がありません。しかし遺言書にその旨を記載しておけば、孫や兄弟姉妹にも遺産が分配されるのです。体験談などを見ていても遺言書があるかないかではトラブルの起こる頻度が違いますし、弁護士や税理士の先生に仲介してもらう必要もないでしょう。

遺産相続人と連絡がとれない

今回は連絡がとれない場合の遺産相続の体験談です。Aさんは結婚したばかりの男性です。Aさんには妹と腹違いの兄と両親がいます。Aさんの父親は再婚で、母親は初婚でした。Aさんの父親には前妻との間に子供が1人おり、それがAさんの義理兄になります。Aさんの実母と父親が結婚して、Aさんと妹が生まれた形になります。しかしAさんの兄は高校卒業後すぐに家を出てしまったので疎遠な状態になっていました。時がたち、Aさんの父親が亡くなりました。遺産相続の権利について話し合う中、Aさんの母親は全て自分が相続すると決め込んでいました。しかしそれを決めるためには、遺産相続の権利があるAさんや妹、さらにAさんのお兄さんの印鑑が必要になるのです。しかしAさんたち家族と兄は疎遠な状態のため、なかなか連絡がつかず、印鑑をもらうことだけでも非常に苦労をしたのです。前妻との間に子供がいる場合、コミュニケーショントラブルになることが多いと言われています。遺産相続の話し合いの途中でこのようなトラブルが起きてしまいますので、前もって相続対策をするか、弁護士や税理士に相談するようにしましょう。

遺産相続の問題

遺産相続は金銭的な問題だけだと感じるかもしれませんが、感情面でもしこりを残すことがあります。そのため両親の遺産相続などは、両親が生存中に大事なものの保管場所や交際のある人などの住所や伝達などを済ませておく方がよいでしょう。また遺言書も非常に有効であると言えます。遺言は遺産があるかないかだけではなく、あとに残された家族への思いやりともいえます。遺言書と聞くと非常に難しそうなイメージがありますが、最近では簡単な遺言書のキットも販売されていますので、誰でも手軽に遺言書を作成することができます。遺言書キットなどを使用すれば弁護士や税理士の先生に相談しなくても作成できるでしょう。遺産相続を巡って特に兄弟や姉妹間でトラブルになるケースは非常に多いでしょう。両親の面倒は兄弟姉妹でどちらがどう面倒をみるのか?お金の管理はどうするのか?など重要なことは両親が元気なうちに決めておく方がよいでしょう。また遺産相続体験談などを読むと知識を得ることができますよ。

遺産相続人が生きているか死んでいるかわからない場合の遺産相続

自分の母親や父親の行方が分からなくなり、亡くなっているかもしれないという場合には、自分が祖母や祖父の遺産を相続することができるシステムがあります。今回の遺産相続体験談は母親の行方が分からず、亡くなっているかもしれないAさんのケースになります。Aさんの祖母は未だに健在ではありますが、元気で意思疎通が取れるうちに相続関係を処理しておこうと親戚一同が集まりました。しかしAさんの母親は15年前に、男と蒸発してから一切連絡がなく、Aさんだけでなく祖母や他の兄弟にも全く連絡を取っていない状態でした。そのような場合、生死を決定づけることができないため、このままでは相続を進めることは法律上できません。まずは住民票を抹消して、Aさんを相続人として認定しなければならないのです。このような手続きは弁護士や税理士に任せると楽ですが、それでも手続きには数か月はかかってしまうのです。相続人が生きているか死んでいるかわからない状況の場合には死亡とみなす法律がありますので確認してみるとよいでしょう。

遺言書があってもできないこととは?

遺言書を作成すれば、全ての遺産相続において指定ができるとイメージしてしまうかもしれませんが、遺言書を作成してもできないことはあります。その1つが相続割合の決定です。遺言でどれくらいの割合を誰に相続させるのかを書くことはできますが、相続人には遺留分と呼ばれる割合が決定しています。この遺留分とは最低このぐらいの割合はもらう権利があるという定めであり、相続人の特定の誰かに100%相続させたいと思っても、遺留分を無視することはできませんので他の相続人が申告しなければ遺留分をもらうことはできません。他の相続人本人が遺留分はいらないと思えば遺留分放棄の申し立てをすることはできます。これは生前に裁判所に申告することでできますので、遺言書内にこの点を記載しておけば特定の誰かに100%の遺産を相続させることもできるのです。遺言書の作成と一言で言っても、色々なやり方や決まりがありますので弁護士や税理士の先生に相談すると一番安心でしょう。また体験談などをチェックするとより理解力が高まります。

遺産分割が終っていなければ相続税の申告は後回しでよい?

遺産相続の体験談を読むと色々なトラブルが起こっていることが分かるでしょう。遺産相続をしたことがない人にとっては他人事のように感じられますが、いつ自分がその立場になるのかはわかりませんので、遺産相続に関してある程度の知識を得ておくことは決して損ではありませんよ。遺産相続に関して気になることといえばやはり相続税でしょう。遺産分割が決まるまでは相続税は払わなくてよいと思っている人がいますがそれは間違いです。相続税の申告の必要があると分かった場合には、遺産分割の話し合いが終っていなくても被相続人が死亡したことを知った日の翌日から10ヶ月以内に申告書を提出して税金を納めなければならないのです。分割方法などがまだ決まっていないからと、相続税の申告を放置していると延滞料金や無申告加算税などを徴収されることもあります。無申告加算税は15~20%になっているので注意が必要でしょう。また亡くなった人の準確定申告もしなければなりません。こちらは死亡してから4ヶ月以内に行う必要があります。分からないことは弁護士や税理士に相談するようにしましょう。

相続税の申告方法について

遺産相続において相続税の申告が必要な場合と必要でない場合があります。遺産相続の体験談を読んでいると、一般的な遺産であっても相続税の申告を行うケースが多いようです。そもそも遺産の総額は、相続財産や保険金などの見做し財産、贈与財産などの合計から、お墓代、仏壇代、非課税財産などを引いた額になります。伊酸の総額が相続税の基礎控除額よりも多い場合には、相続税の申告書を提出する必要があるのです。基礎控除額には専用の計算式がありますので、それに合わせて計算すると申告が必要かどうか分かるでしょう。遺産相続の分割協議が成立する前に申告をする場合には各相続人が法定相続分を相続したものとして仮の相続税の計算をして申告します。しかしきちんと分割されていない状態で申告をしてしまうと、配偶者の税額軽減や小規模宅地の評価を減らすと言った特例が適用されなくなってしまいますので、できるだけ分割協議を早めに終わらせてスムーズに手続きを行いたいですね。親戚間でのもめ事が起こらないように、プロの弁護士や税理士の先生を立てるとスムーズにいく場合もあるでしょう。